銭湯に行くときに、1つだけ注意することがある。

 

こんな人にオススメ♪

 

・よく銭湯に行く

・銭湯に行くと肌荒れする・・

・銭湯に化粧水を持参していくのは面倒だ・・

 

 

私は年間に50回くらい銭湯に行っています。

 

 

理由は、サウナ&水風呂が好きだったり、浴槽に浸かりながら友達と会話しつつ、まったりできるからです。

 

 

初めてのところに行くときは、楽しみだったりします。(^^)

 

 

おかげで免疫が高まって風邪を引かなくなったり、体系維持に繋がっているのですが・・。

 

 

悩みが一つだけありました。

 

 

それは、銭湯に入ると、なぜか肌荒れするということ。

 

 

考えられる理由は3つあります。

 

(1)入浴後は肌が乾燥してしまう。

(2)浴槽のお湯は、実は雑菌だらけ。

(3)銭湯には化粧水が常備されていないことが多い

 

この3つの理由で、肌荒れが起きているのではないかと思っています。

 

 

私はあることを行うようにしてから、「銭湯に行った後の肌荒れ」が全く起きないようになりました♪

 

 

それは・・・

銭湯から上がるときに、冷水を顔にかける
ということ。

 

 

銭湯から上がるときに、冷水を顔にかける

 

 

誰でもできることです。銭湯からあがる際に、冷水で顔を洗い流すようにしましょう。

 

 

バシャバシャと20回くらい、冷水を顔に当てましょう。鼻やほほ、顎あたりにかけて、毛穴を閉めるイメージです。

 

 

かなり効果があります。

 

 

実は銭湯の浴槽は雑菌だらけ。

 

 

特に「ぬるま湯」は十分に加熱されていないため、雑菌は多めだそうです・・。

 

 

冷水をかけることで、顔に付着している雑菌を洗い流すことができます。

 

 

そして、冷水で毛穴を引き締めることによって、外から雑菌が入るのも防ぎます。

 

 

特に冬場は「絶対にやった方がいい」というのが私の結論です。

 

 

乾燥した肌にマフラーやマスクがあたり摩擦が生じます。肌に「乾燥×摩擦」は大敵です。

 

 

仮に化粧水が常備されていても、浴室から出る前には行った方がよいです。

 

 

まとめ

銭湯に行ったときは、仮に化粧水が常備されているところでも、浴室から出るときは、必ず冷水で顔を洗い流す!

 

 

以上です