会食するときにはご配慮をお忘れなく

 

人と会食するときには、ほんの少しのご配慮をお忘れなく。

 

インナービューティーダイエットを実施する上で、誰かと食事するときはほんの少し気を使わなければなりません。

 

なぜ配慮が必要か?

 

例えば、

・食べ放題で一人だけ全然食べない

・お寿司なのにご飯にまったく手を付けていない

 

というような方がいたら、一緒にいる方に気を遣わせてしまいます。

 

普通は、そのような方と「また一緒に食事に行きたい」とは思えませんよね。(笑)

 

・「私だけ食べてる?」

・「もったいないよね?」

 

と思われます。

 

では、誰かと食事する場合、インナービューティーダイエットを実施する上で、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

 

配慮すること

それは、店員さんに「ご飯は少なめで」と予め言うことです。

 

経験上、私はそう感じました。

 

ご飯を残すことは、お店の方にも失礼ですし、一緒に食事される方にも気を遣わせてしまします。

 

他にも、

著書「食べて綺麗になる」によると、デザートを勧められたときには、満面の笑みで「大丈夫よ、ありがとう!」と返すのが木下あおいさん流です。

どうしようかな、と迷ってから「やっぱり、いいわ遠慮しておく」と言われると、「なんだろこのい人・・・」と相手にも不快感を与えてしまうかもしれません。

初めから満面の笑みで丁重にお断りしましょう。

 

ほんの少し配慮して、インナービューティ-ダイエットを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA