モロヘイヤについて

・モロヘイヤの概要

モロヘイヤはもともと「シマツナソ」の若葉のことを指しており、原産地は北アフリカです。

旬の時期は6月~9月頃。

アラビア語で「王家のもの」という意味を持ち、栄養価の高い青菜として食べられており、

クレオパトラも食べていたといわれています。

 

・モロヘイヤには毒がある

「シマツナソ」(=モロヘイヤ)の実には毒があります。ただし、スーパーなどで売ら

れているモロヘイヤには毒は含まれておりませんので安心して食べることができます。

 

・アクがでる

モロヘイヤは、アクであるシュウ酸を含んでいます。

「シュウ酸」は、とりすぎると腎臓結石をおこす。

 

ほうれん草と同じ「シュウ酸」を含んでいるので、アク抜きをする必要がある。

茹でてから、水にさらすとよい。
茹でたり、炒めるとビタミンCは流出してしまうので、手早くするのがコツ。

 

若葉を食用とし、刻んだりゆでたりするとツルムラサキ同様、ムチンによる特有の粘りを呈する。 カルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンC、食物繊維などに富む緑黄色野菜の代表格で、抗酸化作用のあるクエルセチンも多く含む。全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ。日本に入ってきたのは1980年代で、飯森嘉助らが「全国モロヘイヤ普及協会」を設立し、普及に努めたところが大きい。現在は日本各地で栽培されるが、宮城県大郷町[9]などが産地として有名。お浸し、スープ類、天ぷらなどにするほか、乾燥粉末をパンやクッキーの生地に練り込んだりして用いることもある。

シマツナソ – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%8A%E3%82%BD

βカロテン当量(6600mcg)、ビタミンK(450 mcg)、食物繊維総量(3.5g)、カルシウム(170mg)、カリウム(160mg)

カロチン
ニンジンの約1.5倍、ほうれん草の約3.5倍もの量を含む。カロチンは、体内に入るとビタミンAに変化する。皮膚や粘膜の健康を保つのに必要なビタミン。
また最近では、ガンの予防や老化を防ぐことが明らかにされている。

群馬県産がおおい

・茎の部分と、葉の部分がある

・なぜモロヘイヤを食べるのか

・保存方法

・特定のスーパーで売られている?

・調理方法

クックパッド

https://cookpad.com/category/1313

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA